プロジェクタースクリーンの選び方(サイズや設置方式)

オーディオ・シアター
スポンサーリンク

プロジェクター、テレビと来たので今回はスクリーンについて書きたいと思います。プロジェクターでホームシアターをやるなら必須ですよね。スクリーンの選定時に迷うであろう点を実体験に基づいて解説していきます。

ちなみに私が購入したスクリーンはこちらのものです。国内では有名なキクチのスクリーンです。
GRANDVIEW社の輸入をしているようです。

①サイズ

最初に考えるのはサイズだと思います。というのも部屋の大きさという制約があるからです。私は部屋サイズギリギリの100インチとしました。キリのいいサイズサイズですし、大きいほうが後悔も無いだろうと思ったからです。ワンサイズ下だと80インチで、かなりサイズダウンしてしまいます。

スクリーンのサイズと必要な投影距離はおおよそ下記のようになっています。

スクリーンサイズは投影面だけのサイズです。スクリーンはケースに収納されているので、外形のサイズはもう少し長くなります。私が購入したスクリーンは100インチですが、横幅の外形は2464mmあります。設置する壁の横幅が約2900mmなので左右218mmの余裕があります。

スピーカーを設置する方はそのことも考えてスクリーンサイズを選定しましょう。私もスピーカーーを設置しました。120インチだとスピーカーが映像に被るため100インチとしました。120インチだと投影距離が足りなかったのもあります。

映像に被らないようにするためには、スピーカーを壁に結構寄せないとだめなので音響的にはマイナスかもしれませんが、そこはスクリーンサイズを優先しました。みなさんもサイズ選定の際は、音響かスクリーンサイズのどちらを優先するかを考えると決めやすいと思います。

②設置方式(天吊り、壁掛け、床置き、張り込み

次はスクリーンの設置方式です。簡単にメリットとデメリットをまとめてみました。


天吊り
壁や天井にネジを使うので賃貸には不向きです。ディアウォールを使って設置されている例もあります。使わないときは巻き上げられるので、見た目がスッキリして片付けの手間も少ないです。


壁掛け
これは一番設置が楽な方法です。壁にフックを付けてそこに引っ掛けるだけです。そのままにしておけるなら良いですが、使うときに出してくる方式の場合、そのうち面倒になる可能性が高いです。出しっぱなしだとほこりがつきやすいです。


床置き
ネジ止めなどが不要で楽ですが、使うたびに出して終わったら片付ける必要があるのでこれもそのうち面倒で使わなくなる可能性が高いです。私なら選ばない方式です。




張り込み
専用室でテレビを併用しないのであればこれが一番オススメです。なんと言ってもパネル式のスクリーンを壁につけているのでシワもなく、スクリーンを出し入れする手間がないからです。ちょっとした手間でも毎回となると、動作を始める障害になるからです。
GRANDVIEW (100インチ16:9)パネルスクリーン GPA-100HDW


私は専用室ですが、テレビも併用したかったので天吊りスクリーンにしました。テレビは部屋を暗くしなくてもすぐに使えるので、やっぱり便利です。使用しないときは巻き取れるので楽ちんです。

③電動or手動(天吊りの場合)

天吊りはスクリーンの昇降で電動と手動のタイプがあります。私のオススメは電動です!!
・ボタン一つで昇降できる。
・手で引っ張らないのでシワができにくい

という理由です。

私はとにかく趣味を始めるまでの手間は少ないほうが良いと思っています。毎回、準備と片づけのいるものはそのうちやらなくなる可能性があるからです(性格的に)。

私は学習リモコンのマクロ機能を使って、一つボタンを押すだけで
照明が消える→スクリーンが降りてくる→プロジェクタの電源オン
となるようにしています。

AV機器が多い方はおすすめです。リモコンひとつで複数機器を操作できます。



あとは会議室で長年使われている手動タイプのスクリーンを見たときにV字シワが結構気になったので、使い続けるとこうなるんだなと思って電動にしました。

④ブラックマスク 有or無

ブラックマスクとはスクリーンのフチ部分が黒くなっているものです。縁を黒くすることで映像とそうでない部分の境目がはっきりして、絵が締まって見えるという効果があります。私は有りが良いと思います。
身の回りを見ていただくとスマホ、テレビ、パソコンなどのフチはだいたい黒いですよね。

ブラックマスクなしはこんな感じです。



ホームシアター用途ならあったほうが良いですね。

以上、今回はスクリーンの選び方についてでした。

オーディオ・シアター
スポンサーリンク
シェアする
usarinyoをフォローする



うさりーにょの音楽雑記

コメント