ドラムのヘッド交換時の時短アイテム3選

ドラム
スポンサーリンク

ヘッド交換は結構時間がかかるので、手早く済ませたいですよね。

ヘッド交換とかチューニングが好きな人はいいのですが、私はせっかちなのでとにかく早く叩きたいのです(笑)

そんなせっかちな私がヘッド交換時に使用している時短アイテムがこちらの3つです。

・EVANS Drill Bit Key DABK


・EVANS DATK Torque Drum Key

・Pearl テンションキーパー

順番に紹介していきます。

EVANS Drill Bit Key DABK

電動ドライバーに取り付けるドリルビットのドラムキーです。

全体像

左側の細い方が電動ドライバーに取り付ける方です。右側がボルトに差し込む方です(穴が四角)。

特に威力を発揮するのはヘッドを外すときです。一瞬(1-2秒)で外れます(笑)

しかも手が疲れない。

小型電動ドライバーと相性抜群です。

ボッシュ(BOSCH) 電動ドライバー コードレス 充電式 LEDライト 正逆転切替 IXO5
created by Rinker

これを使う前は手で一個ずつ外していたのですが、スネアは表裏合わせて20個もボルトがあるのでもう大変。

チューニングキーを両手持ちしても結局20個外すのは変わりません

タムを全部張り替えたときなんか地獄でした。

右手が腱鞘炎になるんじゃないかと。。。

取り付け時も少しテンションがかかるまでは、これで締めています。

値段も安いので一つ持っておいて損はないです。

EVANS DATK Torque Drum Key

これはヘッドを交換したあとに役立つアイテムです。

チューニング時にボルトのテンションを管理できるトルクキーです。

EVANSのチューニングキーDATK Torque Key(トルクキー)のレビュー
EVANSのトルクキーを使うようになってからチューニングがかなり時短できるようになりました。一定トルクで締めることできるので、気に入ったトルクが決まると毎回ほぼ同じ音づくりができます。チューニングをなんとなくやっていた私には革命的なアイテムでした。

こちらの記事で詳しくレビューしています。

初めにダイヤルを回して数値を決めます。

指定した数値のトルクになるとキーが空転するようになっています。

つまり一定トルクを超えて締めることがないのです。

これがあれば全てのボルトを均一の強さで締めることができます。

何となくこれくらいの締め具合かな?という曖昧なチューニングから脱出できました。

私も雰囲気でやっていたのですが、これを使ってからかなり音が改善できました。

一度気に入ったチューニングのトルクさえ決まってしまえば、あとは毎回同じ強さで締めるだけなので時短できます。

Pearl テンションキーパー

3つめはチューニング後に役立つアイテムです。

チューニング後のズレを防ぐための便利グッズです。

Pearl テンションキーパー(TNK10N)を使ってみた感想
楽器とオーディオ用に防音室をつくりました。ドラム、エレキギター、オーディオ、ホームシアターについて発信しています。防音工事をお考えの方の助けになれると思います。

こちらの記事でも詳しくレビューしています。

これはボルトに差し込んで緩みを防いでくれます。

チューニングがずれにくくなるので、チューニング頻度を下げられます

特にパワーヒッターの方はチューニングがずれやすいので、オススメです。

まとめ

以上がドラムのチューニング時に使用している3アイテムです。

・EVANS Drill Bit Key DABK→ボルトを爆速で緩められる
・EVANS DATK Torque Key→ヘッドのテンションを均一に締められる
・Pearl テンションキーパー→チューニングが緩みにくくなる

ドラム
スポンサーリンク
シェアする
usarinyoをフォローする



うさりーにょの音楽雑記

コメント