スポンサーリンク
ギター

シークミュージックスクールの評判は?オンラインレッスンにも対応!

シークミュージックスクールを検討している方は必見。この記事では評判、料金、講師、レッスンについて解説しています。実は入会金無料、無料体験レッスンを行っており、受講のハードルはとても低いです。この記事を読めばシークミュージックスクールのお得な内容がわかります。
Kemper

Kemperをミキサーやオーディオインターフェイスと接続する方法

OUTPUTに関する記事になります。KemperにはOUTPUT端子が3種類あります。オーディオインターフェイスやミキサーと接続するにはMAIN OUTPUTに接続します。デフォルトはステレオですが、設定でモノラルに変更することもできます。
Kemper

Kemperの設定~Delay(ディレイ)~編

Kemperは設定パラメーターがたくさんあってよくわからないですよね。この記事ではディレイに焦点を当てて各パラメーターの意味や設定について書いています。
Kemper

KemperへUSBメモリーでRigを追加する方法

USBメモリーに入ったRigやネットからダウンロードしたRigをkemper本体に追加する方法について記載しています。 RIG EXCHANGEからRigをダウンロードする 公式HPから無料でRigをダウンロードできます。 ...
Kemper

KemperのINPUT SENS(入力感度)の設定について

KemperのInput sectionにあるClean SensとDIstortion Sensの設定方法についてです。ギターの出力はピックアップによって変わるので、ここを調整していないと歪み過ぎたり、クリーンの音だけ大きすぎたりします。
Kemper

ConisisのバッファーElegant Beast BA001のレビュー Kemperに使用

Kemperと相性が良いと評判のバッファー Conisis Elegant Beast BA001を使っています。2年ほど使用しているのですが、これなしでは物足りなく感じるようになりました。Kemperの音質を底上げできる機器です。
DTM

DTM&ギター用の椅子としてエルゴヒューマンを3年半使った感想

DTMをする人は長時間座ることが多いので椅子選びは大事です。安いものだと腰やお尻に負担が大きく体を痛める原因になります。エルゴヒューマンの椅子を使うようになってから特に腰が楽になったのでやはり椅子にはこだわるべきだと実感しました。
Kemper

Kemperでノイズゲートはどれを使えばいいの?設定方法は?

Kemperにはインプットとストンプで2種類のノイズゲートが搭載されています。最初はどちらを使えばいいのかわからないですよね。2つのノイズゲートの使い方に関する記事です。どちらもThresholdを調整するだけで簡単にノイズを消すことができます。
Kemper

【写真付き】MIDIコントローラーでKemperのRigを切り替える方法

KemperのRigをMIDIコントローラーで切り替えることができます。純正のREMOTEを持っていなくてもMIDIコントローラーを使えば可能です。Rigの切り替えだけであればMIDIで十分です。
Kemper

【レビュー】KORG XVP-20をKemperに使ってみた感想(ボリュームペダル/エクスプレッションペダル)

KemperのエクスプレッションペダルでKORGのXVP-20を使ってみたレビューを書きました。ローインピーダンスのボリュームペダルとしても使えます。踏み込みのトルクも調整できて使い勝手が良いです。適度な重さと滑り止めでズレにくいです。
スポンサーリンク