スポンサーリンク
Kemper

【写真付き】Kemperエクスプレッションペダルの設定~ワーミー(Pitch Shifter)編~

Kemperでエクスプレッションペダルをワーミーペダル(Pitch Shifter)として使う場合の設定方法を写真付きで解説しています。一つのペダルをPitch Shifter、ワウ、ボリュームペダルの三役兼用ペダルとしても使うことができるので超便利です。
Kemper

【写真付き】Kemperエクスプレッションペダルの設定~ワウ(wah)編~

エクスプレッションペダルをワウペダルとして使う場合の設定方法を写真付きで解説しています。接続するだけでは機能しないため、ちょっとした設定が必要です。一つのペダルをワウとボリュームペダルの兼用ペダルとしても使うことができるので超便利です。
Kemper

【写真付き】Kemperエクスプレッションペダルの設定~ボリュームペダル編~

エクスプレッションペダルをボリュームペダルとして使う場合の設定方法を写真付きで解説しています。接続するだけでは機能しないため、ちょっとした設定が必要です。アンプの前か後なども調整できるので、歪のコントロールもできます。
オーディオ・シアター

壁掛けテレビの高さはどうやって決めればいい?

テレビを壁掛けするときに、どれくらの高さにするかは悩ましいと思います。そこで簡単に決められる方法をご紹介します。目安となる高さは視線の高さによって変わります。床に座って見るのか、ソファーに座って見るのかでも全然違います。後から大きく変えるのは難しいので一発で決めてしまいましょう。
DTM

オーディオや楽器の電源を200Vにするとどうなる?違いをレビュー

200V電源を使い始めてオーディオが大幅にレベルアップしました。使用している電研精機のノイズカットトランスや200Vの導入について書きました。オーディオだけでなく楽器や宅録にも効果を発揮します。
オーディオ・シアター

SOULNOTE D-1のレビュー sd2.0やdc1.0と比較

SOULNOTE D-1のレビューを書きました。新生SOULNOTEとなって旧世代のsd2.0やdc1.0とどのように変わったのかをレビューしました。
オーディオ・シアター

電研精機のノイズカットトランスはどれを買えばいいの?種類がたくさん有りすぎてわからない。。

電研精機のノイズカットトランスを導入して音質がかなり向上しました。種類がたくさんあるので、それぞれの仕様のまとめを作りました。
オーディオ・シアター

イシノラボのバッテリー駆動対応パワーアンプをレビュー(MASTERS BA-999)

イシノラボのバッテリー駆動にも対応したパワーアンプ(BA-999)の使用感をレビューしています。バッテリー駆動は通常のAC駆動とは別の世界を見せてくれるアンプです。背景が静かでノイズの少なさに驚かされました。
DTM

大型モニターユーザーは必見!画面分割アプリFancyZones

複数ウィンドウをを簡単に整列配置できるアプリFancyZonesの使い方です。大型モニター使っている方は必須のアプリです!2分割や3分割だけでなく、好きなサイズや配置で画面分割できます。
DTM

DTMにはウルトラワイドモニターがおすすめ

モニター1枚でDTMをしていると作業領域が小さく感じることが多いと思います。34インチのウルトラワイドモニターを導入したいところ、かなり作業効率が良くなりました。デュアルモニターにしていたときもあったのですが、配線が少ないのでウルトラワイドモニター1枚のほうが個人的には気に入りました。
スポンサーリンク