【写真付】SONY MDR-CD900STのイヤーパッドの交換方法 13年でボロボロに。。

DTM
スポンサーリンク

MDR-CD900STはDTMや楽器をやっていてる人にはおなじみのモニターヘッドホンです。13年使っているのでイヤーパッドがボロボロになっていました。

同じような状態の方は多いのではないでしょうか。イヤーパッドが劣化してくると音質にも悪影響なのできちんとモニターするために交換をおすすめします。

SONY純正のイヤーパッドに交換しました。


ついでにイヤーパッドの劣化を防ぐためにカバーも装着しました。

この記事ではイヤーパッドの交換方法を写真つきで解説しています。記事を読むと交換手順がわかります。

イヤーパッドの劣化対策に導入したイヤーパッドカバーについてもレビューしています。

古いイヤーパッドの取り外し

端っこを外側に引っ張って取り外します。イヤーパッドは溝にはさまっているだけなので引っ張ると簡単に外せます。

イヤーパッドの外し方

取り外したイヤーパッドです(汚くてすみません)。13年も使ったので外皮はボロボロでパッドも弾力がありません。新品と見た目が全然違います。

取り外しの時に黒い粉がポロポロ出てきて掃除が大変でした。次回からはこうなる前に交換することを誓います。

新しいイヤーパッドの取り付け

取り外した時の溝部分にイヤーパッドをはめ込んでいきます。取り外しと逆の手順です。

イヤーパッドの端の部分を耳あての溝に押し込んでいきます。

イヤーパッド

最初はイヤーパッドの端を引っ張ってかぶせます。その後イヤーパッドの端を溝に押し込んでいきます。

左右ともに取り付けて完成です。

CD900STイヤーパッドの交換前後

古い方はシワが伸び切っていてひび割れがひどいです。新しい方はシワが多くて生地がしっかりしています。

写真ではわかりにくいという場合はこちらの動画がわかりやすいです。

音質の変化は?

音のバランスがめちゃくちゃ変わりました。特に低音の聞こえ方が変わります。イヤーパッドが劣化してスカスカになっていたため、低音が抜けていたのでしょう。

・低音が交換前よりはっきり聞こえるようになった
・全体のバランスが良くなった
・周りの音が聞こえにくくなった

きちんとモニターするならイヤーパッドは定期的に交換すべきです。音のバランスが崩れてフラットじゃなくなるので、きちんとモニターできなくなります。

イヤーパッドの劣化対策|カバーを装着!!

これまではmimimamoというヘッドホンカバーを装着していました(Lサイズ)。これもボロボロだったので交換しました。イヤーパッドがかなり劣化してからつけていたので、もっと早くつけるべきでした。


Amazonでmimimamoより安いカバーを見つけたのでそちらを使ってみることに。mimimamoの約半額で2ペア入りのお得仕様!

両者の違いを簡単に書くと

mimimamo :生地が薄くてタイツみたい
Amazonの方:生地が厚くて薄手の靴下みたい
イヤーパッドカバー

生地が薄いほうが音質への影響は少なそうですが、実際に聞いてみると変わったようには感じません。生地が厚いほうが長持ちしますし。

これでイヤーパッドの劣化が抑えられるなら良しとしましょう。どちらも洗濯できるので清潔に保てます

ちなみにですがヘッドホンのヘッドバンドのカバーも装着しています。こちらは3年使っていますが、全く劣化していません。これも洗濯できるので清潔に保てます。

ヘッドバンドカバー

ヘッドバンドに巻き付けてジッパーを閉じるだけです。

ヘッドバンドカバー

ヘッドバンドカバーをつけたときのメリットです。

・ヘッドバンドの劣化防止(汗、皮脂、ワックス等)
・長時間装着しても頭の上が痛くならない
・洗濯できるのできれいに保てる

まとめ|イヤーパッドは音質に影響大!!

イヤーパッドを交換するとこんなにも音が変わるとは思いませんでした。徐々に劣化していくので、音の変化に気がつきませんでした。

・劣化するので定期的に交換すべし
・劣化すると音質にも影響がでる(特に低音)
・イヤーパッドやヘッドバンドにカバーをすると劣化を防げる


DTM ギター
スポンサーリンク
シェアする
usarinyoをフォローする



うさりーにょの音楽雑記

コメント