オーディオや楽器の電源を200Vにするとどうなる?違いをレビュー

DTM
スポンサーリンク

オーディオやギターアンプ(DTM含む)を200V電源にしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。そこで気になるのが効果やその費用。

私は200Vを使用していますが、もう100Vには戻れないくらい気にいっています。そのくらい満足度の高い投資でした。

投資といっても1回路 ¥4,000ぐらいでしたので、機材を買うよりよっぽど安いです。防音室を作ったときに200Vのコンセントも一緒につけました。

電気屋さんに頼めば後からでも増設可能ですので、200Vの導入をおすすめします。私は200V回路があったにもかかわらず1年近く放置しており、早く使えばよかったと後悔ました。

200Vはそのまま機器に入れると壊れるので、ダウントランスを使って100Vに降圧する必要があります。

私が使っているダウントランスについても書いています。

200Vはなぜいいのか?

200Vはバランス(平衡)伝送されていため、ノイズに強いと言われています。

はじめに200Vがどのようにして取り出されているかを図解します。

200Vは皆さんの自宅の分電盤まできています。なので電気屋さんに頼めば簡単な工事で部屋まで200Vを持ってこられます。

2本の電線の選び方によって100Vと200Vが変わります。

200Vは片方が100Vでもう片方は-100Vです。これで電位差200Vになります。波形でいうと下図のように反転した波形になります。

オーディオ機材の信号ケーブルでもバランス伝送は使用されており、長距離を引き回してもノイズに強いと言われています。仕組みは以下で解説します。

バランス伝送ではXLRキャノンプラグが一般的に使われており、HOTCOLD、GNDの3本のピンがついています。HOTとCOLDで信号を伝送しています。COLDはHOTの逆相となっています。

ここに図のようなコモンモード(同相)ノイズが飛び込むとします。文字通りHOT、COLDどちらにも同相で入り込みます。

バランス伝送

これをCOLDの方だけ位相反転させます。すると元の信号もノイズも位相が反転します。これでHOTとCOLDをミックスすると信号強度が倍になり、ノイズは相殺されて無くなります

これがバランス伝送がノイズに強い理由です。200V電源はこれと同様の役割を果たしています。100Vは中性線(0V)と電圧線(100V)からしか取らないので、バランス伝送になりません。

200Vの電源を準備する

200Vの電源はエアコンぐらいしかないのが普通です。オーディオ用に一つ用意するのがベストです。200Vは分電盤までは来ているのでそれをオーディオのある部屋まで持ってきます。

電源を引いてくるのは第2種電気工事士の資格が必要なので専門業者にお願いしましょう。

【電気の工事屋さん】なら北海道から九州まで展開しており、最寄りの電気工事業者が見つかります。200Vの切り替えは16,500円~とかなり安く工事してもらえます。コンセントの増設も行っているので、オーディオ用に専用回路を用意するのもおすすめです。

何十万もするオーディオ機器を買うより先に土台となる電源を整備するほうがコスパが良かったです。

個人経営の電気工事店だと会計が不明瞭だったりしますが、事前に無料で見積が可能で明朗会計です。公式HPからお申し込みなら1,000円割引クーポンが使えます。

200Vでおすすめの壁コンセント&電源プラグ

どちらも中村製作所でおすすめされているものです。中村製作所はオーディオ界ではとても有名な電源メーカーです。

壁コンセント:Panasonic WN1932
電源プラグ :明工社   ME7018



私もこの組み合わせで使用していますが、噛み合わせもかなりがっちりしており、結構力を込めないと抜けません。安定感抜群で、振動にはかなり強いです。

200V→100Vに降圧するにはダウントランスを使う

200Vを機器にそのまま入れることはできないので、100Vに降圧するダウントランスが必要になります。オーディオや楽器の機材(アンプ等)であれば、ノイズカット機能がついているものがおすすめです。

アイソレーショントランスノイズカットトランスという種類になります。200V→100Vに降圧してなおかつノイズを取り去る機能を持っています。

詳しくはこちらの記事で書いています。私は電研精機のノイズカットトランスを使用しています。おすすめはNCT-I3です。

電研精機のノイズカットトランスをオーディオ機器に使用したレビュー
電研精機のノイズカットトランスの導入を検討している方は必見。この記事ではノイズカットトランスの使用感と音質レビューを書いています。私は導入したことでオーディオ環境のレベルがかなり底上げされました。この記事を読めばノイズカットトランスのメリット・デメリットわかります。
アイソレーショントランス購入時に比較検討したメーカー4選!弊害は?
電研精機のノイズカットトランスを購入するときに比較した機器の紹介です。4機種を比較して電研精機を選びました。スペックも大事ですが、重さ、大きさ、うなり、発熱なども選択のポイントになりました。比較検討のポイントについて解説しています。

これは効果が抜群でかなりコスパの良い機材でした。

まとめ 200Vは景色が変わる

200V電源に変えてから景色が一変しました。自分の耳は100Vに慣らされていましたが、一度体験してしまうと100Vには戻れません。

他の記事でも書きましたが、蛇口全開といった音に変化しました。これまでは電源がボトルネックになっていたのがよくわかりました。

元気いっぱいに鳴るようになりました。さらにローノイズのため、明らかに音が立って聞こえるのです。DTM等の宅録環境のレベルアップにもかなり効果が出ます。

何十万もする高価な機材よりも安価に済む200Vを導入すると、今の機材も大化けする可能性があります。電源はオーディオの土台ですから、まず土台をしっかりさせるのは大事です。

コメント