Sonic Research Turbo Tuner ST-300 のレビュー

ギター
スポンサーリンク

今回は私が使用しているSonic Research のチューナーST-300のレビューです。

3年使ってみて良かった点やイマイチだった点を書いていきます。


結論としては満足しているアイテムで、3年間ずっと愛用しているチューナーになりました。

ストロボチューナーに興味のある方には参考になるはずです。

ST-300の外観&使い方

操作はとても簡単で、フットスイッチを押すとONになります。

INにシールドがささっていないときはONになりません。

MODEボタンを押すとチューニングモード(6種類)が切り替えられます。
CHRM、GUIT、BASS、CST1、CST2、CST3

カスタムチューニングが3種類登録できます。

チューナーの上側

電源アダプターとUSBのコネクターが付いています。

電源コネクターの穴は2つありますが、アダプターはどちらに接続しても動作します。

電源使用時にデイジーチェーン接続(複数機器を連続してつなぐ)もできるので、電源コネクターが2つあります。

良かった点

1.ストロボで反応が早い

通常の針タイプのチューナーと違って一瞬で反応するので、素速くチューニングができます

今までデジタルの針タイプを使っていたのですが、この速さに慣れてしまうともう針タイプには戻れなくなりました。

光のリングの回転方向がチューニングの高低を表していてわかりやすいです。回転が早いとチューニングがかなりずれています。

2.LEDが明るくて暗闇でも見やすい

ステージ上の暗闇でも視認性は良いです。
明るくて飛んでしまっていますが、弦の番号もしっかり見えます。

3.カスタムチューニングが3つまで登録できて、PC上のアプリで編集可能

ST-300 Editorというアプリを使用するとPC上でカスタムチューニングを編集できます

この機能が便利でとても気に入っています。

以前使用していたチューナーは入力を本体で行わなければならずとても面倒だったからです。

画像のように各弦ごとのチューニングをテキスト入力するだけです。

私は下記のように割り当てています。

CST1:バズフェイトンチューニング
CST2:Drop D
CST3:バズフェイトンのオクターブチューニング


4.高精度(±0.02cent)でバズフェイトンチューニングにも対応
高精度なのでこのチューナーでばっちり合わせたときの和音は素晴らしくきれいに響きます。

バズフェイトンチューニングは通常のチューニングから1-2centずらしてチューニングします。

そのためこの1-2centを上回る高精度のチューナーが必要になります。

ST-300は±0.02centと高精度です。
バズフェイトンチューニングにも問題なく対応できます。

昔はKORGのDT-7が定番でしたが、あれは精度が±1centしかないので、バズフェイトンチューニングをするには精度が不足しています。

関連記事

イマイチだった点

1.電池交換はドライバーが必要

裏蓋はネジで止まっているので電池交換にはドライバーが必要です。

エフェクターボードに組み込んでアダプターで使用する場合は、特にデメリットにはなりません。

アルカリ電池で12時間持つので、電池持ちとしては十分です。

思いつくイマイチポイントはこれくらいしかありませんでした。

ST-300まとめ

・高精度で反応の早いストロボチューナー
・暗闇でも視認性が良い
・バズフェイトンチューニングに対応
・カスタムチューニングが3つ登録できる

日常使用にも適しているコンパクトで高精度なチューナーです。

きっちり合わせるように持っておいて損はないチューナーだと思います。

私も3年以上愛用しているチューナーです。



ギター
スポンサーリンク
シェアする
usarinyoをフォローする
うさりーにょの音楽雑記

コメント