ギター

スポンサーリンク
Kemper

【レビュー】KORG XVP-20をKemperに使ってみた感想(ボリュームペダル/エクスプレッションペダル)

KemperのエクスプレッションペダルでKORGのXVP-20を使ってみたレビューを書きました。ローインピーダンスのボリュームペダルとしても使えます。踏み込みのトルクも調整できて使い勝手が良いです。適度な重さと滑り止めでズレにくいです。
Kemper

【写真付き】Kemperで半音下げや1音下げにする方法→Transpose

KemperのTranspose機能を使うとチューニングを半音下げや1音下げに簡単に変更できます。ギターの持ち替えができない場合やフロイドローズで変更が面倒な場合に役立つ機能です。
Kemper

【写真付き】Kemperエクスプレッションペダルの設定~ワーミー(Pitch Shifter)編~

Kemperでエクスプレッションペダルをワーミーペダル(Pitch Shifter)として使う場合の設定方法を写真付きで解説しています。一つのペダルをPitch Shifter、ワウ、ボリュームペダルの三役兼用ペダルとしても使うことができるので超便利です。
Kemper

【写真付き】Kemperエクスプレッションペダルの設定~ワウ(wah)編~

エクスプレッションペダルをワウペダルとして使う場合の設定方法を写真付きで解説しています。接続するだけでは機能しないため、ちょっとした設定が必要です。一つのペダルをワウとボリュームペダルの兼用ペダルとしても使うことができるので超便利です。
Kemper

【写真付き】Kemperエクスプレッションペダルの設定~ボリュームペダル編~

エクスプレッションペダルをボリュームペダルとして使う場合の設定方法を写真付きで解説しています。接続するだけでは機能しないため、ちょっとした設定が必要です。アンプの前か後なども調整できるので、歪のコントロールもできます。
DTM

オーディオや楽器の電源を200Vにするとどうなる?違いをレビュー

200V電源を使い始めてオーディオが大幅にレベルアップしました。使用している電研精機のノイズカットトランスや200Vの導入について書きました。オーディオだけでなく楽器や宅録にも効果を発揮します。
DTM

DTMにはウルトラワイドモニターがおすすめ|Dellの34インチをレビュー

モニター1枚でDTMをしていると作業領域が小さく感じることが多いと思います。34インチのウルトラワイドモニターを導入したいところ、かなり作業効率が良くなりました。デュアルモニターにしていたときもあったのですが、配線が少ないのでウルトラワイドモニター1枚のほうが個人的には気に入りました。
Kemper

Kemperのバックアップ方法 USBメモリーで簡単にできます

Kemperのバックアップ方法について写真付きで解説しています。ファームウェアアップデートでkemperがおかしくなったりすることもあるようなので、アップデート前に毎回やっています。たまにやると方法を忘れるので、備忘録も兼ねて書きました。
ギター

Sonic Research Turbo Tuner ST-300 のレビュー

高精度でバズフェイトンにも対応したストロボチューナーです。見やすくて素早くチューニングができます。カスタムチューニングも3つ登録できて便利です。しかもPCで編集ができます。アダプターと電池の両対応です。
ギター

RED BISHOPのACCU-LOCATORでフロイドローズのオクターブチューニングが簡単になった

ACCU-LOCATORでフロイドローズの面倒なオクターブチューニングがかなり楽になりました。オクターブチューニングにかかる時間が半分以下になります。フロイド搭載ギターを持っている人は持っていて損はないアイテムです。
スポンサーリンク